メディア情報

[’22/5/13] パドクター

毎月、街の情報誌 「ぱど」 に健康情報
ワクワク楽しい予防歯科ってなあに?
連載しています。

 

 

執筆メンバーは、
歯科医師の大林亮介先生衛生士の岩切さん
デンタルコーディネーター兼管理栄養士の坂口さんです。

歯に関する知識はもちろんのこと、歯並び矯正や、食育、歯育て
管理栄養士の視点から学ぶ知識など、様々な学びや気付きを
皆様にお届け致します。

今回は、歯科医師の大林亮介先生で、
『〇△Vのお口と口呼吸』についてです。

ご興味のある方は、ぜひお読みくださいね。

 

ワクワク楽しい予防歯科ってなあに? vol.202
『〇△Vのお口と口呼吸』

こんにちは、皆様いかがお過ごしでしょうか。
健「口」であるのは勿論のこと、健「康」でありますでしょうか。
こんにちは、ヨリタ歯科クリニック歯科医師の大林亮介です。

本日は〇と△とVのお口について、そしてそれらと口呼吸の関係性
についてお話します。

さて、人はVの形を見ると恐怖を覚えるように進化しているらしいです。
代表的なのが先端恐怖症ですね。
人のお口(上顎の歯並び)もV型になることがあります。
V型口蓋といいます。

ここまで言えば、想像がつくと思いますが、勿論、V型口蓋は悪い歯並びです。
怖いですね・・。
人の歯並びは、〇(正常)、△(要注意)、V(要治療)の3つに
大きく大別されます。

就学前にこの3つの形はすでに決まっており、何らかの処置をしなければ
このままの形で成長してしますことが多いです。

顎のサイズが狭ければ、永久歯が並ぶスペースも足らなくなり、
結果、歯並びが乱れます。

歯並びが乱れると、物が詰まりやすくなり、歯ブラシもしにくくなり、
最悪、虫歯や歯周病の原因となります。

上顎の横径と鼻腔容積は関連しており、横幅が大きくなると
鼻腔の容積も広がります。

それ即ち、鼻呼吸がしやすくなるということです。
わかりやすく言うと、鼻の土台は口(上顎)です。

土台が大きければ、その上には適切なサイズの鼻がつきますから、
鼻呼吸はしやすいですよね・・ということです。

逆に、V型口蓋の方は、鼻中隔湾曲症(鼻腔の容積が縮まる)を併発していることが多く、
そのため鼻閉などの鼻症状が起こりやすく、口呼吸になりやすいと言われています。

口呼吸が歯並びに悪影響を及ぼすことは、ご承知の通りです。
(詳しくは私の過去連載、または本院のHPをチェックしてみてください)

鼻呼吸が大切なのは分かっているけど、どうもウチの子はいつも口を開けている・・
といったお悩みの方は、ぜひ一度、お子様の上顎の形をチェックしてみてください。

V型口蓋は早期の発見、適切な時期の対応が必要です。

V型になった原因を精査し、理解していただき、それを改善するための
治療をすることが大切です。

何かありましたら、いつでも当院までご相談ください。
(お子様のお口の状態により、耳鼻科の先生と協力して治療することもあります)

それでは、また次回お会いいたしましょう。

そして更に、過去のバックナンバーを、
ご覧になりたいあなたは、コチラ

 

関連記事

[’22/5/13] パドクター

[’22/4/8] パドクター

[’22/3/11] パドクター

新着記事

[’22/5/24]ドリーム通信読み合わせ新人研修発表会

トリートメントコーディネーター

NO IMAGE

新人研修

Concept