Dr.ブログ

訪問歯科診療における嚥下内視鏡検査の有用性について

こんにちは。
歯科医師の喜多です。

超高齢化社会を迎える我が国において高齢者の嚥下機能障害は、
療養や介護にも大きく影響してきます。

経管栄養(経口摂取が不可能あるいは不十分な患者に対し、
体外から消化管内に通したチューブを用いて流動食を投与する処置)
経静脈栄養(経静脈栄養静脈の血管に栄養を投与する方法)
経腸栄養からだに必要な栄養を経腸に投与する方法)などによる
栄養補給を考える際には、患者様のQOLへの配慮介護者や療養環境
などを、様々な要素を考慮する必要があります。

経口摂取が望ましいのは当然ではありますが、摂食困難者の場合は
誤嚥性肺炎のリスクが常に伴います。

そのため、経口摂取が可能かの判断体位や食事形態の工夫などが
必要になります。

私は麻酔科医とし、全身麻酔下での口腔外科手術前後の咽頭評価のため
経鼻内視鏡を使用していた事から、嚥下内視鏡検査を行っておりました。

その経験を活かし、当院でも経鼻内視鏡を導入し、嚥下機能評価を行う事が
できれば幸いです。
また、学術的研鑽のため、一般社団法人日本摂食嚥下リハビリテーション学会
入会致しました。

今後、学術発表や講演などを行い、同学会の認定医資格を取得し、
より安心で質の高い医療を提供させて頂きたく存じます。

関連記事

離乳食教室

親知らず

パートナー紹介

新着記事

第一回ヨリタ赤ちゃん歯科教室 『離乳食編』予約申込み開始!

離乳食教室

親知らず

Concept