Dr.ブログ

中と外

こんにちは。
日に日に寒くなっている今日この頃、如何お過ごしでしょうか。
歯科医師の大林亮介です。

 

 

さて

「中」「外」

「裏」「表」

のように物事に必ずある真実ですが(哲学っぽい・・(笑))

ヨリタ歯科にも

「中」と「外」があります。

すなわち

「中」とは「診療室=現場=臨床最前線」であり、
「外」とは皆様に人知れず、本院を支えて下さっている
「感動クリエーター」や「経営サポーター」の皆さんの事ですね。

先日、縁あって、経営サポーターの谷口さんとご飯に行かせて頂きました。

僕(DR)だからこそ見える現場の声
彼(経営)だからこそ見える屋台骨の声

お互いがお互いを知れる良いきっかけになりました。

本院に限ったことではないですが。
大きな組織になればなるほど、どうしても役割は細分化され、
ともすれば、誤解や伝達不足といった事案も起こり得るものです。

ですが、「知らないから」「役職が違うから」

そんな理由で

お互いがお互いを知ろうとしないのは、とても寂しい事だと思うのです。

不協和音とは、まさにその様な状態をいうのではないでしょうか。

 

今までも

これからも

お互いがお互いを尊敬しあい、協力しあえるヨリタであり続けたいと思います。

それでは、また次回お会いいたしましょう。

関連記事

赤ちゃん歯科チーム発足!

中と外

仕事を楽しむ

新着記事

柿が美味しい季節ですね。

[’20/11/20] エコキャップ

[’20/11/20] パドクター

Concept