お知らせ

お家でできる新型コロナウイルス感染予防対策①『舌ケア』

お家でできる新型コロナウイルス感染予防対策『舌ケア』

 

新型コロナウイルス対策で、「手洗い」「うがい」を感染予防として
推奨されていますが、さらに効果を上げるために、舌清掃が有効です。

ウイルスは粘膜感染なので、口から胃に行くというより
口腔粘膜・咽頭粘膜から、体内に侵入します。

そのため、舌清掃を行い、口腔内の細菌数を減らすことで
コロナウイルスの感染リスクを減らすことができます。

(一般社団法人 日本歯科医学会連合 ホームページより引用)

 

 

舌苔とは

舌苔(ぜったい)とは、様々な細菌や古くなった口の中の粘膜食べ物のカスなどの
汚れが集まったもの
です。
タンパク質を、多く含んでいます。

細菌が多く含まれている舌苔がたくさん付着していると、細菌性肺炎(誤嚥性肺炎)の
リスク
も高まります。

 

そこで舌も歯磨きと同様、セルフケアが必要になります。

 

舌ケアの効果

口腔内の細菌や、食べかす取り除く
誤嚥性肺炎の予防
口臭の改善

 

舌ケアの方法

舌をケアするときは、
舌ブラシ
保湿剤(必要に応じて)

 

舌ブラシの使い方

舌清掃専用のブラシを使います。

②鏡を見ながら大きく口を開け、思い切り舌を口の外に出します。
いわゆる、「アッカンベー」の状態です。
こうする事で、嘔吐反射を防ぐ事ができます。

③舌ブラシを、舌の「奥から手前」に動かします。

ブラシを手前から奥に動かしたり、前後に往復させたりするのはやめましょう。
舌苔中の細菌を、喉の奥へ送り込んでしまう危険があります。


④目安としては、朝一回、動かす回数は五回程度をオススメします。

強く擦りすぎてしまうと舌を傷付けてしまうので、優しい力で行うのがポイントです。

 

ケアする時は、たくさんの舌苔を一回で汚れを取りきろうと思うと、
力が入りすぎて、舌を傷める可能性があります。

毎日ケアをすることで、徐々に落ちやすくなります

目安としては、朝一回、動かす回数は5回程度をおすすめします

 


(Ciモール様より、画像をお借りしました)

 

 

歯磨きだけでなく、舌ケアもあわせて毎日行う事で、
むし歯や歯周病を予防する事だけではなく、インフルエンザや肺炎などといった
ウイルス感染症を予防
できます。

 

当院では、舌ケア(舌清掃)の指導も本格的に行っております。

ご希望の患者様には、指導の他、詳しい資料も配布していますので、
担当衛生士に、お気軽にお声掛けください

 

新型コロナウイルス感染対策に、手洗い・うがいだけでなく、舌のケアも行っていきましょう!

関連記事

[’20/6/1] キッズコーナーDVD

キッズルーム 一部再開のお知らせ(2020.6.1~)

お家でできる新型コロナウイルス感染予防対策②『手洗い・うがい』

新着記事

[’20/6/5] 診療室でも始まる新たな日常

妊婦と歯科の関係

6月スタート

Concept