メディア情報

[’17/9/11] パドクター

毎月、街の情報誌 「ぱど」 に健康情報
ワクワク楽しい予防歯科ってなあに?
連載しています。

  

タイトルは前回に引き続き 
「笑顔とありがとうがあふれる、日本一の歯科医院作り」 です。

ワクワク楽しい予防歯科ってなあに vol.146

「笑顔とありがとうがあふれる、日本一の歯科医院作り」(27)
グループ医院内研修

 

私たちは、ヨリタ歯科クリニックを含め、大阪市 上本町ヒルズ歯科クリニック、
ゆめはんな歯科クリニック登美ヶ丘、奈良市 ゆめはんな歯科クリニック高の原の、
4つのグループ医院から、成り立っています。

そして、採用教育などを通じ、各グループ医院間で、交流を、計っています。

ということで、先週の一週間、私たちの医院のメンバーが他の3つのグループ医院に
研修に、行ってきました。

そして、本日この感想が、私の元に届きました。

ご興味のあるあなたは、お読み下さいね。

『朝礼から、参加させていただいたのですが、ヨリタ歯科同様アワクレドを
行っていて、朝から楽しいお話が聞けて、緊張もほぐれました。
ヨリタグループは、心の優しい方ばかりだなと、改めて感じることが
できました。

空いている時間も、先輩衛生士さんと、お話させて頂いたのですが、私と
同じで、歯科助手から歯科衛生士になったことや、私の悩みなど親身に
なって聞いてくださり、ゆっくり焦らず、色々な分野を学んでいけばいいと
アドバイスを、下さいました。

短い時間でしたが、皆さん優しく教えてくださって、楽しい研修になりました。』

 

『実際に行ってみて、まず驚いたのが、”医院の狭さ”です。

普段、ヨリタ歯科の広さに慣れてしまっているせいか、とても狭く感じました。
ただ、それが逆に、医院全体がコンパクトで、スタッフ間でのコミュニケーションが
取りやすく、誰がどこで何をしているか、一目瞭然なのがいいなと思いました。

ヨリタ歯科では、診療室が、とても広く、インカムや室内カメラがないと
全体が把握できないので、たまに無駄が多いなと、感じることがあります。

その分、高の原では、お互いの行動が把握できるので、助け合いやすいし
物を取りに行く時間も、すぐそこにあるので、無駄が少ないなと感じました。

『人はいるけど、人手不足』の状況が、一番無駄につながるので、自分も後者に
ならないように、気を付けようと思いました。

今回の研修を通して、いろいろ多くの事を感じることができました。
また、自分の置かれている環境や、行動を客観視できる、いい機会になりました。

今回学んだ事を、日々の診療に、繋げていきたいと思います。』

 

今後も、グループ医院内研修は続きます。
これからも働くメンバーが輝く、ワクワク楽しい、夢いっぱいの医院
作ってまいります。

グループ医院内研修を、続けることで、笑顔と、ありがとうがあふれる
医院が、できます。(医院長談)

そして更に、過去のバックナンバーを、
ご覧になりたいあなたは、コチラ

 

関連記事

[’18/12/7] パドクター

[’18/11/22] パドクター

[’18/10/26] パドクター

新着記事

[’18/12/10] 歯科医院地域一番実践プロジェクト

大掃除の前の小掃除

院内勉強会

Concept