メディア情報

[’17/8/25] パドクター

毎月、街の情報誌 「ぱど」 に健康情報
ワクワク楽しい予防歯科ってなあに?」を
連載しています。

タイトルは前回に引き続き 
「笑顔とありがとうがあふれる、日本一の歯科医院作り」 です。

ワクワク楽しい予防歯科ってなあに vol.145

「笑顔とありがとうがあふれる、日本一の歯科医院作り」(26)
ニュースレターDoing 

歯科医院経営マーケティング協会発刊の、ニュースレターDoing。

先日、その企画で私がインタビューを、受けました。
インタビュアーは、代表の中野 浩輔先生。  

私の岡山大学歯学部の、同級生でもあります。
診療しながら、毎月、歯科業界のためニュースレターを
出し続けるその行動力と、強い意志に、敬服します。

ということで、以下の3つの質問にお答えしました。

1. 移転開業して、良かったこと、悪かったこと。
2. この10年間で変わったこと、変わっていないこと。
3. 規模の大きい歯科医院ならではの、人の悩みは?

『1. 移転開業して、良かったこと、悪かったこと』
良かったことは、ワクワク楽しい医院から、人に優しい医院に
移行できたこと。
①バリアフリー エレベーター
手すりもない2階と3階から車イス、ベビーカーでも
チェアーサイドまで、案内できるようになったこと。

②カルテなどの収納、滅菌清掃レベルのアップ
医院全体がすっきりし、スタッフも動きやすくなった。

③待ち時間の短縮
予約が、取りやすくなった。

④福利厚生の充実
社員食堂、託児施設、人の採用・確保
研修ルーム活用。

⑤時短など、労働時間の短縮と労働環境の改善。

その結果、おもてなし経済企業選、ホワイト企業大賞を
受賞した。

悪かったこと
①移転当初は、思った以上に患者様が増え
スタッフの新規採用、教育がおいつかない。

②家賃、電気代が上昇。

③2階から3階への移転。
さらに、入りにくくなったかも。
以前、医療テナントの一部だったが、3階単独に
なったこと。

『2. この10年間で変わったこと、変わっていないこと』
変わったことは、コンセプトがワクワク楽しいから
人に優しい医院に。
医院の新規移転による場所、内装、スタッフの顔ぶれ
保育士、栄養士、看護師、経営サポーターなどの
新たな役職を増やした。

変わっていないことは、思いや雰囲気
スマイル&コミュニケーション。

『3. 規模の大きい歯科医院ならではの、人の悩みは?』
人の悩みは、つきません。
女性なので、結婚、出産もあるので
5年から10年常勤でいることは、難しい。
幸い、パート、アルバイトで勤務しているスタッフも多い。

子連れ勤務の衛生士メンバーが、4名いる。
そのため、託児ルームが、手狭になったり、事業所内保育も
視野に入れています。

インタビューを受けることで、自分自身の考えが
明確に、なりました。

考えが明確になることで、笑顔と、ありがとうが
あふれる医院が、できます。

 

そして更に、過去のバックナンバーを、
ご覧になりたいあなたは、コチラ

関連記事

[’18/7/20] パドクター

[’18/6/8] パドクター

[’18/5/24] パドクター

新着記事

わたしの地元

カムカムフェスタを通して

乳歯の数

Concept