メディア情報

[’17/4/28] パドクター

毎月、街の情報誌 「ぱど」 に健康情報
「ワクワク楽しい予防歯科ってなあに?」を
連載しています。

タイトルは、前回に引き続き
「笑顔とありがとうがあふれる、日本一の歯科医院作り」 です。

 

ワクワク楽しい予防歯科ってなあに vol.141
「笑顔とありがとうがあふれる、日本一の歯科医院作り」22
ライバルはディズニー

JBpress(日本ビジネスプレス)の
3月2日の新着記事に、私たちのことが紹介されています。
タイトルは、「ライバルはディズニー、大人気歯医者の魔法とは」

ということで、ライバルはディズニーと、私たちが言い続けている
その理由を、少しお話ししたいと思います。

私たちが目指す、理想の歯科医院は感動、感謝。
そしてワクワク楽しい、人に優しい医院です。

愛と感動、夢と希望あふれる医院作りをしています。
そのため従来の歯を削って詰める、
治療中心のビクビク恐い医院から大切な歯を守る、
予防中心のワクワク楽しい医院に転換しました。

もう15年以上前の、お話しです。

その時、チームメンバーの皆へ
私たちが目指す理想の医院のイメージを明確にして
頂くため、あえてライバルは近隣の医院ではなく、
ディズニーだと明言したのです。

私はディズニーが大好き。
そこにいるだけで、元気がでて楽しくなる、
夢と魔法の王国。

そんな歯科医院を本気で作りたいと、思ったのです。

そのため、元気で笑顔いっぱいの子供たちが集まる
「カムカムクラブ」を、作りました。

子供たちに、歯の大切さを知って頂く
イベント「カムカムフェスタ」も年2回、開催するようになりました。
そして、大人の方も安心して定期的に通って頂くため
ウエルカムサロン(予防サロン)も、併設しました。

今では、ムシ歯のない子供たちや、
メインテナンスで通う方々が1日平均50人、
月1、000人以上来院する医院になりました。

もし、健康な人が1月50人通う、
ワクワク楽しい医院が全国で1,000軒出来れば、
1日の来院数は5万人。

これは、ディズニーの1日入場者数と同じ。
そう、歯科業界もディズニーランドのような
ホスピタリティ産業と肩を並べることが、出来るのです。

だからこそ、私たちの目指すライバルは
ディズニーといつも声高らかに、宣言しています。

そんな中、5年前の私のバースディに、
信じられない人からのメッセージを、頂きました。

それは、大好きなミッキーからの手紙です。

その中に、嬉しい言葉がありました。
「君たちの歯医者さんは、ディズニーランドを
目指してくれているんでしょ。

ぼくたちは知ってるよッ!」ミッキーは、知ってくれていたんですね。
やはり、言い続けていれば願いは叶う、
思いは人の心に届くのだと実感しました。

これからも、「ライバルはディズニー」を胸に、
愛と感動、夢と希望あふれる医院、
メンバーと共に作っていきます。

ディズニーをライバルと言い続けることで、
笑顔とありがとうがあふれる医院ができます。


そして更に、過去のバックナンバーを、
ご覧になりたいあなたは、コチラ

 

 パドクター 寄田幸司

関連記事

[’18/12/7] パドクター

[’18/11/22] パドクター

[’18/10/26] パドクター

新着記事

[’18/12/10] 歯科医院地域一番実践プロジェクト

大掃除の前の小掃除

院内勉強会

Concept