メディア情報

[’11/7/21] パドクター

毎月、街の情報誌 「ぱど」 に健康情報
ワクワク楽しい予防歯科ってなあに?」を、連載しています。

タイトルは前回に引き続き、 「思いを形にする」 です。

 

「思いを形にする」29 カムカムフェスタ

ワクワク楽しい、そしてメンバーが輝くといえば
何と言ってもこの企画
年2回、カムカムクラブ主催のイベントを、開催しています。
2010年12月15日に開催されたクリスマスフェスタは、こんな感じでした。

午後3時5時の2部構成、 参加者は、60組100名を超えました。
オープン前、メンバー全員で、円になり、エールをきりました。
「今日のフェスタで、来院する子供たちに夢と希望を与える、
その心の準備は出来ていますか!!!」

ということで、フェスタの始まり、始まり。
いつものように、参加者全員記念撮影
初めての子供たちは、かなり緊張ぎみ
健康学習、今回は、フッ素洗口について。

健康学習終了後は、ショータイム
総合司会はいつも、入ったばかりの新人メンバー3人が担当。
まだフェスタも参加したことがない、何もわからない、
当事者は、不安でいっぱい。

しかし、私はこう話しています。

「でも、やって下さい。やらないと何もわからない。
だから、自分が出来ることを、精一杯やって下さい。
うまくいかなくてもいい、完璧は求めていません。
準備段階を含め、一生懸命やっている

その姿を、メンバーや、子供たちに見せて下さい。
そうすれば、その姿に人は心打たれたくさんの
サポート
ありがとうの言葉を、投げかけてくれるのでしょう。」

3人とも、輝いていました。
その後は、いつものハンドベル
今年は、ハンドベル隊の他、バイオリンキーボード演奏も加わり、
バージョンアップしていました。
最高の一日になりました。
参加された保護者の方々から、
たくさんの、感想文を頂きました。

これらは、全て私たちを元気付けて頂けるもの。
やりがいや、使命感が、湧き起こります。
頑張って良かった喜んで頂けて良かった
こんな私でも、お役に立てる
次は、もっと楽しんで頂きたいプラスの発想が、
プラスの言葉や、プラスの行動につながります。

カムカムフェスタを始めてまる8年
その間、年2回、特別イベントを含め17回のフェスタを、
開催させて頂くことが出来ました。
私は、やり続けることに意味があると思っています。

皆様の励ましの声がある限り、出来る範囲で、精一杯心のこもった
手作りで、ヨリタ歯科らしい
どこにもないカムカムフェスタ、これからも続けてまいります。

ワクワク楽しい歯科医院には、思いがいっぱいつまっています


そして更に、過去のバックナンバーを、ご覧になりたいあなたはコチラ

 <パドクター 寄田幸司>

関連記事

[’18/12/7] パドクター

[’18/11/22] パドクター

[’18/10/26] パドクター

新着記事

[’18/12/10] 歯科医院地域一番実践プロジェクト

大掃除の前の小掃除

院内勉強会

Concept