Dr.ブログ

舌とコロナの意外な関係

皆様、こんにちは。
新型コロナウィルスで外出自粛の中、如何お過ごしでしょうか。

副院長に負けず劣らず「鬼滅の刃」にハマり、我妻善逸推しの
歯科医師、大林亮介です。

 

 

 

さて、件の新型コロナウィルスですが、全国的に少しずつ収束の兆しを
見せていますが、まだまだ油断できません。

 

当院でも、院長指示の元、手洗いうがいの徹底は勿論のこと、毎朝毎昼の検温
換気装置、スタッフルームの消毒薬噴霧、高機能マスク、空気洗浄機、院内の消毒などなど、
考え得るだけの対策を講じています。


手前味噌ではないですが、ここまでやっている医院も少ないのではないか?
と思えるほどです。

 

やれる対策

考えられる対策は

全てやりたい。

 

という、ある意味での院長の信念を感じます。

 

そして、

先日テレビでも報道されましたが、

 

「舌磨きはコロナ予防にとても効果的」

 

です。

 

 

簡単にご説明すると

新型コロナウイルスで重症化するのは

 

ウイルスによるウイルス性肺炎

ウイルスによる肺の免疫力の低下で、普段なら大丈夫な歯周病菌などによる
細菌性肺炎
このダブルパンチによるものではないか。

 

ウイルス感染の予防は難しいので、細菌性肺炎のリスクを減らすために
歯みがきだけでなく、舌清掃も行いましょう。

 

といったお話です。

 

では、この舌清掃でなぜリスクが減るのか。

どうやって清掃すればいいのか?

 

舌清掃の目的は、舌苔の除去。

 

舌には「舌苔」(ぜったい)という苔状の物質がついています。

この舌苔の構成成分の中に、細菌が入っています。

この舌苔の成分である細菌は、普段から少量ですが肺の中に入ります。

 

健常者であればほとんど問題はないのですが、なんらかの理由で免疫力が
低下していたり、口腔ケアが足りていなくて舌苔が厚くなっている
要介護高齢者などは、誤嚥性(ごえんせい)肺炎などのリスクが高くなります。

 

舌苔が厚くなっているということは、その構成成分である細菌の量も
多くなっている
ということ。

 

当院では院内では勿論、訪問診療でも舌のケアに力を入れております。

 

舌清掃しっかりケアして、細菌性肺炎のリスクを減らしていきたいですね。

 

それでは、また次回お会いいたしましょう。

関連記事

妊婦と歯科の関係

6月スタート

口臭について①

新着記事

[’20/6/5] 診療室でも始まる新たな日常

妊婦と歯科の関係

6月スタート

Concept