Dr.ブログ

カムカムフェスタを通して

皆様、こんにちは。

 

お盆休み、満喫されていますか。

先日行われたカムカムフェスタにて、「ワンティース ストロング・フッソ」で
ウソップ役を演じさせて頂きました、歯科医師の大林亮介です。

 

 

 

真夏の祭典、ヨリタの夏の風物詩カムカムフェスタが終幕して早二週間

皆様、今年のカムカムフェスタは如何でしたでしょうか。

 

四つの健康学習と、を通して少しでも子供たちとその親御様に虫歯予防や
歯の大切さについて、知って頂きたい。

 

そんな思いで私も若輩者ながら、全力で取り組まさせて頂きました。

 

カムカムフェスタを通して、私が感じた事が二つあります。

 

一つ目は、「正しい知識はどんな予防や治療にも勝る」という事です。

 

当院では治療だけでなく、予防歯科にも力を入れております。

しかしどんなに素晴らしい予防や治療をしても、皆様にその処置の意味や
大切さが伝わらなければ、効果半減。

私は、そう思います。

 

その意味で、今回、子供たちが虫歯予防や歯の大切さ、フッ素の役割等を学ぶ事が
出来たのは非常に有意義であったと、思っております。

このフェスタを通し、少しでも皆様の歯科に対する知識向上のお役に立てれば
嬉しいです。

 

二つ目は、「チームの大切さ」です。

 

歯科医療は、チーム医療です。

私達歯科医師だけでは、歯科医療は成り立ちません。
衛生士さん、助手さん、滅菌スタッフ、受付さん、クリーニングスタッフ、
普段は決して表には出ない、事務の方々。

 

誰一人欠けても、的確でスムーズな診療は出来ません。

 

これは綺麗事でも何でもなく、純然たる事実です。

 

私も常日頃から、周りの方々への感謝を忘れずに仕事をしていると自負していますが、このフェスタの準備期間中ほど、その思いを強めた時はありませんでした。

同じ新人の同期の皆様を始め、沢山のスタッフの方々がお力を貸して下さいました。
この場を借りて、深く御礼申し上げます。

 

私はまだヨリタへ来て四か月ですが、ヨリタの一番の強みは歯科医師の技術でも、
医院の大きさや設備でもなく、「スタッフ間のチームワーク」だと思っております。

 

巷では夏の高校野球が連日盛り上がりを見せておりますが、高校球児たちにも負けず
とも劣らない、「ヨリタのチームワーク」。

それを医院で、感じて頂けたらと思います。

 

 

 

それでは、また次回お会いいたしましょう。

 

関連記事

いい歯の日 2018

歯周外科実習

三人寄れば文殊の知恵

新着記事

[’18/11/14] 年間行動目標

[’18/11/13] ウルルンよしだ歯科さん 見学

いい歯の日 2018

Concept