Dr.ブログ

はじめまして

このブログでお会いする方も多いかと思いますので、改めてご挨拶させて頂きます。

皆様、初めまして。
四月よりヨリタ歯科クリニックで勤務させて頂いております
歯科医師の大林亮介と申します。

 

皆様一人一人に寄り添った対応を心掛けて参りたいと思っております、
どうぞこれから宜しくお願い申し上げます。


…とご挨拶はこの辺に致しまして(笑)、本日は皆様にも馴染みが深いと思われる
「フッ素」のお話をしたいと思います。


何故、虫歯になるのかを簡単にご説明しますと、食べ物のカスや虫歯菌
歯が晒されますと、歯の中にあるカルシウムやリンが溶け出してしまいます。
カルシウムやリンは歯の硬さの源ですので、そのまま放っておくと虫歯になる
リスクが高まります。


そこで登場するのがフッ素です。

フッ素は、その溶け出したカルシウムやリンを歯に再び吸収する作用「再石灰化」
促進して、健康な歯へと導いてくれる役割を果たします。

しかし、折角塗らせて頂いたフッ素も、うがいで洗い流してしまっては効果半減。
よって、フッ素塗布後は30分程度ご飲食を控えて頂くようにアドバイスさせて
頂いております。


以上、まだまだ一端ではございますがフッ素の効果についてお話させて頂きました。

関連記事

「親知らず」の歌

乳幼児の歯磨き

クリア飲料ブーム!?

新着記事

歯科矯正、スタート

[’18/5/25] カムカムニュースVol.63

[’18/5/24] パドクター

Concept