Dr.ブログ

口腔内規格写真

こんにちは!森山善行です!

 

先日、当院の歯科衛生士、西岡さんと、口腔内規格写真についてのセミナーに
参加して来ました。

規格写真というと、倍率角度などが統一された写真のことです。

継続的な記録を残し、治療前後の比較、またメンテナンス中の変化
視覚的に認識するために用います。

当院では、初診で来て頂いた患者様には、応急処置を行ったあと、口腔内写真を
撮影させて頂いています。(痛みが強くお有りの場合は後日行います。)

撮影するときは、お口を少しひっぱたりと、ご迷惑をおかけするかとは思いますが、

初診時の記録を残しておき、後で比較することは、患者様にとって大きなメリット
でもありますので、何卒ご理解下さい。

今回セミナーに参加して、ますます規格写真の重要性を感じたので、これからも
見やすい記録を残して、患者様にわかりやすい説明ができるように心がけたいと
思います。

関連記事

風疹

歯肉退縮

歯周病勉強会

新着記事

人を感動させられる暖かい力

[’18/10/22] M.A.Fセミナー大阪

風疹

Concept