Dr.ブログ

歯科ドッグ

こんにちは。森山知子です。

 

皆さんは、歯科ドッグというものをご存知ですか?

いわゆる人間ドッグは、からだ全体を検査して、自覚症状のない疾患を
早期発見し、疾患予防につなげるためのものです。

歯科ドッグは、お口の中に焦点を当て、様々な検査を行うことで
これから起こり得る口腔内のリスクを、早期発見することで
事前に対処したり、予防につなげるためのものです。

ドッグの内容には、色々なものがあります。

代表的なものは、歯科検診と歯周病検査です。
これらは、保険適応です。

ほかにも、むし歯のリスクを判定する唾液検査や、口腔内の細菌を
調べる位相差顕微鏡検査
など、保険適応外のものもあります。

実際、治療が必要な段階に至るまえに、むし歯や歯周病は防げるにも
関わらず、自覚症状がないために放置し、悪い状態になってから歯科を
受診するケースが、非常に多いです。

先進国の中でも、予防歯科において、日本は大きく遅れています。

歯科医院に行くのは、「痛くなったときだけ」「気になったときだけ」では、
大切な歯を守ることは、できません。

自覚症状がないうちからチェックしてこそ、きちんとした予防ができます。

 

関連記事

風疹

歯肉退縮

歯周病勉強会

新着記事

人を感動させられる暖かい力

[’18/10/22] M.A.Fセミナー大阪

風疹

Concept