Dr.ブログ

入院時の確認

こんにちは。森山知子です。

先日、父が入院するための手続きなど、説明を聞くために、病院へ付き添いに行きました。

その際、看護師さんから、父がこんなことを質問されていました。

「歯医者さんで、歯のケアは受けていますか?」

「定期的に歯医者さんに行っていますか?」

これは、入院する患者さんには、必ず確認するそうです。

こうして医療現場で、口腔ケアについての認識が徹底されていることは、
素晴らしいことだと感心しました。

 

ご高齢の方や、入院などで長期間身体の自由が利かないとき、お口の中にいる細菌が原因で、
肺炎のリスクが高まる
ことは、よく知られています。

それ以外にも、感染性心内膜炎という心臓病にも、お口の細菌が関わっています。

歯やお口の中のことを、安易に考えていると、ほかにも怖い病気につながりますが、
そういうことが、一般にあまり認知されていません。

 

「歯医者さんは、歯が痛いときに行くもの」ではありません。

健康長寿を迎えるためには、お口のケアは必須です。

 

皆さんも、ご自身のお口の状態について、日頃から、歯科医院できちんとチェック
受けて頂きたいと思います。

関連記事

大掃除の前の小掃除

院内勉強会

年間行動目標

新着記事

[’18/12/12] ご意見箱

[’18/12/11] クリスマスフェスタ2018満員御礼!

[’18/12/11] 継続は力なり

Concept