院長ブログ

[’20/9/14] 「災害時におけるDHの役割」発表会

ヨリタ歯科グループには、50名を超える衛生士が在籍しており
定期的にグループ合同衛生士勉強会『WISH』が、年2回開催されています。

本来なら、既に第一回目の開催が行われていましたが、昨今の状況により中止

ヨリタ歯科メンバーに与えられていたお題は、「災害時におけるDHの役割」でした。

近年の地震台風などによる水害などの災害が発生した時に
衛生士としてどう関わることが出来るのか、それを4つの項目について
まとめてもらいました。

大変素晴らしい内容だったので、院内で発表してもらうことに。

月曜日のお昼の全体ミーティングを短縮し、9月7日、14日二週にわたって
発表してもらいました。

発表者は、歯科衛生士の4名

先週の月曜日は、『①災害時における歯科の実態、②災害における口腔ケアの必要性』
越智さん、三浦さんに発表して頂き、

本日は、『③災害時における口腔ケア、④災害時における他の活動』
森永さん、渡邉さんに発表して頂きました。

 

 

以下は、発表してもらった内容のスライドの抜粋です。

①災害時における歯科の実態

 

 

②災害時における口腔ケアの必要性

 

 

③災害時における口腔ケア

 

 

④災害時における他の活動

 

大変充実した内容を作成して頂いて、とても良かったと思います。
特に避難場所などでの口腔ケアや健康面の配慮など、勉強になる内容も沢山ありました。

やはり災害時でも、お口の健康を守るというのは、体の健康を守るためにも
とても大切なことなのです。

今年も天災が続き、今も避難生活を続けている人も多いそうです。
そんな中、私たち歯科医療従事者にも災害が起きてしまった時、お役に立てることが沢山ある
皆で学び、皆で知ることが出来た日でした。

 

これからも、人に優しい、人が輝くヨリタ歯科クリニック
続けていきたいと思います。

 

<学びも、備えあれば憂いなし   寄田 幸司>

関連記事

[’20/9/25] 小児のマウスピース矯正

[’20/9/18] タナベ経営様主催セミナー講演

[’20/9/17] 新人読書感想文シート&研修レポート

新着記事

[’20/9/25] 小児のマウスピース矯正

シルバーウイーク最終日

[’20/9/18] タナベ経営様主催セミナー講演

Concept