院長ブログ

[’19/5/10] 将来の私、夢

4月から衛生士学校の2年生が、ヨリタ歯科クリニックにて
臨床実習を、受けています。

そして本日、研修レポートが私の元に届きました。

今回、『あなたが光輝く衛生士になるために STEP3』
『実習感想文シート』『将来の私、夢』
が私の元に、届きました。

 

それが、コレ。

 

 

 

 

ということで、ご興味のあるあなたは、お読み下さいね。

 

◆あなたが光輝く衛生士になるための STEP3

○CHP大賞(患者様、スタッフからの気づき

・私がCHP大賞に選ばせて頂いたのは、柳谷さんです。
 私は毎日の実習日誌を柳谷さんに見て頂いているのですが、お忙しい中
 細かいところまで見て下さり、毎回コメントも書いて下さります。
 このアシストはこうした方が良いですよ、など具体的にアシストのコツを
 書いて下さり、とても分かりやすく勉強になります。実習日誌には自分の
 反省点を書く欄もあるのですが、それに対しアドバイスや頑張って下さいと
 コメントを下さいます。それを読むと励まされ、頑張ろうと思えます。
 私はまだまだ未熟で周りの方に励まされてばかりですが、いつかは自分が
 周りの人を励ませるようになりたいです。

・私がCHP大賞に選ばせて頂いたのは、興山先生です。
 いつも診療が始まる前に、患者さんを誘導し準備を行った事に対して
 「ありがとう」の言葉を下さります。
 それだけでなく、途中で器具を持っていったり、治療後に片付けをしている
 際など、どんなに些細な事でも「ありがとう」と言って下さるので、毎回
 嬉しくてもっと頑張ろうと思う事が出来ます。
 「ありがとう」を自然に言い合える人間関係を築くことができれば、お互いに
 いい気分で過ごす事ができると思うので、私も興山先生のように、些細な事でも
 感謝の言葉を伝えられるような人に、なりたいです。

 

○前回のあなたの目標は、どれくらい達成出来ましたか?
そして次回までのさらなる目標をお聞かせ下さい。

・私の目標は、何事にも積極的に取り組むことでした。こちらで実習させて
 頂いたばかりの頃は、アシストになかなかつけなかったり、インカムで
 「手の空いている方」と言われた際に返事が出来なかったりと、凄く消極的
 でした。こちらでの実習も少しずつ慣れてきて、最初の頃よりは積極的に
 なりたかなと思います。まずアシストにつき、分からない事は恥ずかしがらずに
 質問し、同じミスは二度としないという目標を持ち、毎日実習に取り組んでいます。
 次の目標は、一人で最初から最後までアシストにつき、準備やアシストを完璧に
 行うことです。

・前回の私の目標は、一人でアシスタントにつけるようになる事でした。
 その目標は少しずつ達成され、今ではほとんど1人であまり周りの人に頼る事なく
 準備などを行えるようになりました。
 しかし私は、「早くやらないと」と思ってしまい、すぐに焦ってしまい失敗を
 重ねてしまう事が多かったので、次回までの目標は焦らずに落ち着いて、的確に
 1つ1つの作業を行えるようにする事です。

 

◆実習感想文シート

・実習はヨリタ歯科クリニックで、5カ所目だったのですが、ヨリタ歯科クリニックでは
 実習生も沢山アシストにつかせて頂く事が出来、本当に沢山の事を学ばせて頂きました。
 分からない事や、出来ない事が多く、ご迷惑を掛けてしまう事が多々あったのですが
 皆さんが丁寧に教えて下さったり、アシストのサポートをして下さったので安心して
 実習に挑む事が出来ました。そして、スタッフの方々がどんな時も笑顔で患者様と
 接しておられ、来院される患者様も笑顔で来られる方が多く、笑顔で挨拶をするという
 事は本当に大切な事だと実感しました。
 こちらでの実習で学んだ沢山の事を忘れず、この先の実習も頑張りたいと思います。

・ヨリタ歯科クリニックで、約1ヶ月間実習させて頂いた中で患者様とのコミュニケーション
 を多く取り、常に患者様を1番に考えられている医院だと思いました。
 日々、行われているコミュニケーション1つ1つが患者様との信頼関係を作っていく
 のだろうと思いました。
 また、スタッフの皆さんがそれぞれに、目標を持ち、お仕事をされていて、そういった
 事が患者様の信頼や良い医院を、築いていくのだろうと思いました。
 将来、自分が歯科衛生士として歯科医院に勤めた際には、日々目標を立て、患者様を
 1番に考えられる衛生士になっていきたいと思います。

 

◆将来の私、夢

・私の今の目標は、歯科衛生士の国家試験に合格する事ですが、国家試験に合格し
 歯科衛生士として働けるようになったら、私は患者さんや一緒に働くスタッフの
 方々から信頼されるような人に、なりたいと思います。
 その為には、まず歯科衛生士としての技術を磨き、常に笑顔と人への思いやりを
 忘れずに少しずつ成長していけたらなと、思います。
 患者さんにこの人にしてもらいないと思ってもらえるような衛生士になりたいです。
 スタッフの方々からは、この人なら任せて安心と思ってもらえるような衛生士に
 なりたいです。
 毎日、人と人との関わりを大切にし、笑顔で過ごすことが目標です。

・私の目指す歯科衛生士は、安心感が与えられる歯科衛生士です。
 歯科医院に来院された患者様は、皆さん不安感を抱いて、来院されると思います。
 その時に、患者様に寄り添い、共感の言葉を投げかける事で安心感を与えられると
 思います。また、否定はせず、常に肯定的な態度で接する事も、安心感の1つと
 なると思います。そういった対応のできる衛生士になっていきたいです。
 歯科医院は怖いから苦手という方も、あの衛生士さんがいるから行こうと思って
 もらえる存在になりたいです。
 そのため、コミュニケーションを多くとり、患者様との信頼関係を築いて
 いきたいです。今回、ヨリタ歯科クリニックで実習させて頂いた中で、とても
 重要な事だと学んだ接遇も、きちんと出来るよう努めていきます。
 このような理想の歯科衛生士像に、少しでも近づけるよう、日々の実習や勉学に
 励み、頑張ります。また、接遇に対しても日々心掛けていきたいです。

 

 

そして、本日で実習研修終了となりましたので、私からは研修終了証と、私からのメッセージ
そしてお花をお渡ししました。

 

 

 

 

実習はこれからも続き、さまざまな困難がふりかかることもあるでしょう。

ヨリタ歯科クリニックでの実習を通じて、将来は光り輝く、笑顔いっぱいの
素敵な衛生士
になって欲しいと、強く願うばかりです。

立派な歯科衛生士になった三人と、またどこかでお会いできる
機会があること、楽しみにしています。

 

 

<あなたの未来は、明るい  寄田 幸司>

関連記事

[’19/5/22] 続・夢挑戦ストーリー Vol.4 ④夢は具体的に形にするもの

[’19/5/17] 有料見学会開催

[’19/5/15] 実習生研修レポート

新着記事

7/1『ヨリタクラブフロア』グランドオープン!

[’19/5/22] 続・夢挑戦ストーリー Vol.4 ④夢は具体的に形にするもの

画像を読む

Concept