院長ブログ

[’18/8/9] 医院見学会開催 その②

本日の午前、大阪府堺市開業の
まつだ消火器糖尿病クリニック(院長 松田 史博様)をお迎えして、
院内見学会を開催しました。

タイムスケジュールは、以下の通り。

 

10:00~アイスブレイク
10:30~見学(高橋 谷口)
11:00~院長講演
11:45~質疑応答(新谷 高橋 2グループに分けて質疑応答)

 

まずは、髙橋さんからのアイスブレーク

   

   

 

そして、私も約45分チームワーク作りについてお話させて頂きました。

 

     

 

 

そして、医院見学

 

    

 

 

その後、質疑応答がありました。

   

  具体的には、こんな感じ。

 

・診察中の効率的な流れ。その際のスタッフ間の情報の共有方法
・ミスをなくす工夫
・ご意見箱の活用方法 意見を頂けるための工夫
・自動釣銭機の活用方法 会計業務の効率化
・スタッフのモチベーションあげる工夫
・院内でのミーティングの時間の取り方
・待ち時間がないように工夫すること

などなど。

 

今回も、以下の資料をお渡ししました。

 

 

 

医院見学を受け入れ、多くの質問にお答えすることで、自分たちの
強みや弱みが、見えてきます。

私たちも、まだまだ出来ていないことも、多々あります。

 

 

これからも医院見学を通じ、他の企業からも、高い評価を得られる、
私たちらしい夢いっぱいの医院、メンバーと共に、作っていきたいと、
改めて実感することが出来ました。

 

以下は、参加者の感想の一部です。

ご興味のあるあなたは、お読み下さいね。

 

・スタッフの皆さんが、いきいきとテキパキと仕事をされているのが印象的でした。
チームリーダー(院長)として、①スタッフの採用・教育・評価と
②何に心掛けてチームをまとめるべきかの視点で、見学させて頂きました。

おもてなし経営企業選に選ばれたヨリタ歯科であっても、常に改善し、採用、人事評価を
教えていると実感しました。

自分たちにあった、採用・教育・指導を作り上げていくには、私たちも何度も失敗を
繰り返さないといけないのだと、覚悟しました。
クリニックとしての信念、方針が浸透すれば、院長がスタッフを信用して、仕事を任せる
ことで、スタッフはモチベーションを持って楽しく働いているように感じました。
いつか笑顔のすてきな寄田院長のような、ドリームチームリーダーとなりたいです。

・お忙しい中、見学を受け入れて下さり、また院長先生のお時間までさいて下さり
感謝しております。

●カウンターの外にお出迎えに行くこと。
●目標を持つこと
●それを共有すること

その他沢山の学びを、得ることができました。
2チームに分かれて案内してもらいましたが、それぞれで重点を置いて聞かせて
もらったことが違ったことも、新鮮でした。
おそらく、一つ一つ全てのことに思い入れがあるからこそ、どの場所やシステムにも
語るべき内容があるのだと、思います。
当院も一つ一つのこと、1つ1つの目標をつきつめて、掘り上げて、それに向かう
STEPを洗い出していきたいと思います。

・私たちがクリニックへ入った時、スタッフ様がこちらに来て下さり、迎え入れて
頂けているという嬉しさが、ありました。
不安を抱えて初めて来院された方にも、いつも通って下さっている方にも
私が感じたような嬉しさや、丁寧に対応してもらえるクリニックなのかもしれないと
心を開いて話して頂けるきっかけになるのではないかと感じ、明日から実践します。
見学に行かせて頂く前、ホームページを見せて頂くと、コンセプトがたくさん
掲載されており、こんなにたくさんあるのかと驚きが大きかったです。

しかし、本日寄田院長先生、髙橋さん、新谷さんのお話、働くスタッフを見て
誰もが同じ、もしくは似た様な想像ができることで、全てのスタッフが患者様の
ことを考え、行動することができているのだと理解でき、素晴らしいな、
自分たちもそうなりたいな、と思いました。

本日見学に行かせて頂いて、新たなやりたいこと、やってみたいことが
たくさん出てきました。色々なことにチャレンジしていきたいと感じましたし、
5年後、10年後どうなっていたいかを考え、クリニックの特徴を、全ての人に
伝えられる存在になりたいと思います。

・貴院に一歩足を踏み入れた時から伝わってきた、医療施設とは思えない雰囲気の
明るさ、皆様の温かくキラキラした笑顔が、とても印象的でした。
おもてなしの方法や意識、イベント開催など取り入れたいと感じた部分がたくさん
ありましたが、1番印象に残っているのが、「みんなで決めて、みんなでやる」
という事でした。
素敵なクリニック作りのためには、個人の想いだけでなく、チーム力が大事であると
以前から感じておりましたので、「みんなで決めて、みんなでやる」を実践していき
チーム力を高めていきたいと思います。
今回の学び、気づきを、今後の活動に活かして、笑顔の溢れるクリニック作りを
していきたいです。

・貴院を見学させて頂き、医院の概念が大きく変わりました。
日本で一番楽しいテーマパークのような歯科医院を運営するために、スタッフ
一人一人が、年齢・性別・勤続年数関係なく、目を輝かせながら「何をすべきか」を
常に考え、自ら行動し、チーム一丸となって創りだされている姿に、感銘を
受けました。

私自身も「感謝・感動・ワクワク楽しい」を大切に、5年後、10年後の目標を
持って仕事をしていきたく思います。
まず、明日から受付カウンター内で待つ医療ではなく、患者様のもとへ行き、寄り添い
提供する医療を目指します。

・医系統合実践会で、新谷さんの講演を聞き、感動しました。
ワクワク楽しい歯科医院というものが、どういうものなのかと興味津々でした。
まず、クリニックに入った途端に、広けた受付と歯医者さんらしからぬ良い香り…。
ホテルに来たかのような感動と、ワクワクでした。

髙橋さんのおもてなしや、まずつかみが大切なんですよという言葉が印象的で
緊張や不安の中、来院される患者様に、どうしていけばをいいかを考えて
初診カウンセリングの重要性を、痛感しました。
私も看護師として問診に行きますが、なかなかゆっくりとお話することは
できません。今すぐではなくても。患者様のニーズに応えていけるケアを目指し
スタッフで協力していきたいと、思います。
寄田先生のお話では、いつまでも夢を持つこと、夢は叶うこと、目標を持つこと
患者様と同じくらい、それ以上にスタッフを大切にしていることに感動しました。
さすが、「ドリームマスター」と思えました。
自分の未来予想図、クリニックの未来予想図、今の目指している自分の目標を
明確化し、患者様、そして自分のためにスタッフで協力して、感動を与える
クリニックにしていきます。

 

追伸

2日前の火曜は、興山先生、大林先生、髙橋さんの4名で
改装リニューアルお祝いと、医院見学の為、兵庫県伊丹市にある
はあもす歯科さん(院長 金山徳和様)を訪れました。

    

新しい考え方の、小児矯正への取り組みなどで
短時間でしたが、沢山の事を、学ぶ事ができました。

  

  

 

最後は、金山先生とツーショット

という事で、今週も沢山の出会いがありました。

 

<出会いとご縁に感謝  寄田 幸司>

関連記事

[’18/12/11] 継続は力なり

[’18/12/10] 歯科医院地域一番実践プロジェクト

[’18/12/7] 実践学習会2018

新着記事

[’18/12/11] クリスマスフェスタ2018満員御礼!

[’18/12/11] 継続は力なり

[’18/12/10] 歯科医院地域一番実践プロジェクト

Concept