院長ブログ

[18’/1/31] 2018年 新人研修レポート その②

今週も、大阪歯科学院の実習生 細川さん
日本歯科学院の、吉栖(よしずみ)さん日髙さんから
私の元に、第2回目の研修レポートが届きました。

それが、コレ。

 

  

 

 

タイトルは、「あなたが光輝く衛生士になるためのSTEP2」

以下はその一部です。

ご興味のあるあなたは、是非お読み下さいね

 

あなたが光輝く衛生士になるための STEP2

○CHP大賞(患者様、スタッフからの気づき)

・スタッフの皆さんは、テキパキ動いていらっしゃったり、笑顔でいらっしゃるので
選ばせていただくのがすごく迷ったのですが、私は中辻先生のアシストに付かせて
いただくことが多いので、治療中や終わった後のコミュニケーションの取り方や
素敵だなと思った所を、発表させていただきます。
以前、「噛み合わせると痛い」という患者様が来院された際、クラウンの調整と動揺
している歯の固定を、行いました。
すると患者様は、「これでご飯が食べられる、うれしい!」とおっしゃっておられました。
中辻先生が他の患者様の所へ行かれた後も私に、「あの先生すごいね」とおっしゃって
ました。
それを見て、私も患者様から「ありがとう」と喜ばれることをしたいと思いました。
患者様と良い関係を築くことは、すごい素敵だと思いました。

・実習生として、1日の診療に参加させて頂く中で、普段私の担当をして下さっている
健康プロモーターの中村さんが、様々な治療のアシストに柔軟に対応されていたり
保育士さんとしてお子様の対応をされていたりして、どんな事にも優しい笑顔で
行動されていて、私も将来中村さんようになりたいなと、思いました。
治療を近くで見させて頂いて、ドクターの皆さんも患者様に対して、とても優しく
丁寧な説明をされていて、もし自分が患者だったら絶対に分かりやすくて、安心できる
だろうな、と思いました。
衛生士さんも常に周りを見られていて、先読みして動かれている所がすごいなと
思いました。受付さんの素敵な笑顔にも、憧れました。

・私がこの2週間の実習で、中島さんのように誰にでも優しく、相手の方を立てられる
ようになりたいと、思いました。
中島さんは、私の担当をして下さっていて、一番一緒にアシストをさせて頂くことが
多いのですが、中島さんが笑顔じゃなく患者様に接しておられる所を見たことが
ありません。常に笑顔で、言葉遣いも誰よりも丁寧で、私たち実習生にも優しく
接して下さって、本当に尊敬しています。
患者様に説明する時も、先生方を立ててお話されていたり、患者様への気配りを
常にされていて、私が気付いていないこと、分からないことも1つ1つ丁寧に教えて
下さいました。そして常に先の行動を読んで、準備を行い、なぜそれを用意するのか
私に教えて下さるので、とても分かりやすいです。
あと、1週間頑張るので、よろしくお願いします。いつも、ありがとうございます。

 

○前回のあなたの目標は、どれくらい達成出来ましたか?
そして次回までのさらなる目標をお聞かせ下さい。

・前回の目標を決めた時から1週間が経ち、RFのセットや根管治療の基本的な部分は
用意出来るようになったと、思います。
しかし、治療中に先生から指示があった物を取りに行ったり、すぐに用意できないため
まだまだだなと、思います。
治療を途中で変更したりする時に、臨機応変に対応できるようにならないといけないと
感じました。周りを見ると、みなさん忙しそうにしていらっしゃるし、基本的な物の
場所とかはしっかり覚えておかないと、迷惑をおかけするので、今何をしているのか
次は何がくるかを考えて、行動していきたいです。

・笑顔で患者様に挨拶する事は、達成できたと思います。
まだ、コミュニケーションを取るタイミングや、お話できる内容が分からない時が
あるので、スタッフの皆さんがどんなお話をされているのか、よく見学させて頂いて
ヨリタ歯科で大切にされている、スマイル&コミュニケーションを私もできるように
なりたいです。
実習に来させて頂いて、ドクターの皆さんや、衛生士さんにたくさん質問させて
頂いて、分かった事や理解できた事が増えて、とても嬉しいのでもっと沢山の疑問を
持って、自分の知識を増やす事ができたら嬉しいです。
そして、スタッフの皆さんの力に少しでもなれるように、学びを活かしながら行動
できるようになりたいと、思います。

・ヨリタ歯科医院での実習も2週間が経って、たくさんの治療のアシストにつかせて
頂いて、たくさんの患者様ともお話させて頂きました。
毎日の朝礼で読んでいる年間行動目標の、最高の目標のところに、”患者様に笑顔に
なってもらうこと、そしてアシストにつき自信をもつこと”と、書きました。
まだまだDHの方々に助けて頂いて、アシストについて自信を持てず、不安なことの方が
多いのですが、患者様とコミュニケーションを取って、”ありがとう”と言って下さる
ことが、何度かありました。
患者様に、ありがとうと言って頂いたことがとてもうれしくて、そして患者様が
笑顔になって下さったことで、私も笑顔になり、少しでも目標に近づけた気がして
温かい気持ちに、なれました。
アシスト面でも、積極的に頑張ります。

 

<実習生には、日々たくさんの気付きと学びがある  寄田幸司>

関連記事

[’18/8/21] 研修レポートの大切さ

[’18/8/9] 医院見学会開催 その②

[’18/8/7] 新人研修レポート

新着記事

[’18/8/21] 研修レポートの大切さ

わたしの地元

カムカムフェスタを通して

Concept