院長ブログ

[’17/12/19] フェスタ・忘年会前日

月曜日の午前の診療をお休みさせて頂き、地元東大阪にある
近畿大学 経営学部 商学科1年生、15名の皆の前で、私と株式会社I.S.コンサルティング代表
今井真路さんと、約90分お話しさせて頂きました。

今日も、天気は最高。

地元東大阪ということもあり、ゆっくり大学校内も散歩してきました。

  

  

  

 

このご縁をつないで頂いたのは、NPO法人JAE ミライ企業プロジェクト

 

プログラムの実施目的(頂いた資料より)

・大学生活の早い時期に、社会で活躍する経営者と交流する機会を通して、視野を広げ
自身の学生生活や、人生に対する主観的な姿勢を育むこと。

・働くこと、社会人になることについて考え、将来のイメージを描き、一歩踏み出して
行動するきっかけを、つかむこと。

 

タイムスケジュールは、以下の通り。

10:45 ゲスト企業紹介 
全体でアイスブレク( 10 分)
企業紹介(各社 5分)

11:05 ゲストトーク①
2グループに分かれて、経営者の話を聞く
<お話いただきたいこと>
・会社の 事業や 、大事にしている考え方 (経営理念 )について
・個人の仕事内容、やりがい、苦労など 
※できるだけ、分かりやすくお話ください。

11:35 ゲストトーク②
グループを交代し、もう1社の話を聞く

12:05 まとめ
学生から感想共有
企業から感想共有、学生へメッセージ 

 

担当教員は、近畿大学経営学部商学科  准教授 岡山 武史さん

セミナー終了後は、学生さんとの写真も撮ることが出来、私の拙い話でも、
少しは、楽しんで頂けたようです。

  

 

参加された学生さんからの感想が、届きました。
ご興味のあるあなたは、お読み下さいね。

・二人ともユーモアがあり、いい人だった
・社長さんの考えを深く聞くことができて良かったです。
 会社についてだけではなく、社会人になる人すべての人の幸せを願っていて、
 考えがすごいなと思いました。
・自分のやりたい事や長所・短所をしっかり持っておくということが大切だと分かった。
 感謝を忘れずに幸せに生きるということ。
・社長になる人はみんな努力している。
 色んなことがあっても頑張ろうと思った。
・社長の話を聞いて、銀行員から社長になる人が多かったり、文学部から社長になれたり
 すごいと思いました。
・自分と向き合うことができた。
・今自分が思っていることを聞けて良かったです。

 

 

また、往復の電車の中では、明日開催されるヨリタ歯科クリニックの忘年会で
参加者全員にお渡しする、感謝状の原稿のチェック。

  

  

 

実行委員のメンバーの元原稿に目を通し、よりその人に合った内容にするため
修正を、加えていきました。

一昨日の東京セミナーでの新幹線の移動中も、ひたすら推敲していましたが
かなり精度が、高くなってきました。

あらかじめ用意して頂いたメンバーに、心より感謝です。

明日、一人一人の笑顔に出会えること、今から楽しみです。

 

楽しみといえば、フェスタでの劇の練習にも、余念がありません。
お昼はハンドベルの練習、診療終了後も、有難いことに劇の最終リハーサル
続いていました。

  

  

明日は、いよいよカムカムフェスタ

メンバーだけでなく、子供たちの最高の笑顔に出会う日

私たちも、全力で取り組みます。

 

<明日が、待ち遠しい   寄田 幸司>

関連記事

[’18/1/18] 年間行動目標設定用紙 その③

[’18/1/17] 年間行動目標設定用紙 その②

[18’/1/16] 歯科衛生士学校 実習開始

新着記事

寒い日の過ごし方

寒い日の過ごし方

[’18/1/18]

Concept