院長ブログ

[’17/12/18] 第31回 日本冠疾患学会学術集会

先週、16日の土曜日、第31回 日本冠疾患学会学術集会で、お話させて頂きました。

場所は、大阪国際会議場10階

  

会場は、こんな感じ。

   

 

私の演題と、抄録は以下の通り。

日本冠疾患学会学術集会

演題:『ヨリタ歯科流 人が輝く ワクワク楽しい職場作り』

抄録本文
「今回、私がお話するタイトルは、ズバリ、「人が輝くワクワク楽しい職場作り」
今でこそ、歯科界でワクワク楽しいと言えば、「ヨリタ歯科クリニック」
そして、ヨリタ歯科クリニックと言えば、「強固なチームワーク」と、自他共に
広く認知されるように、なりました。

しかし、そんな私たちも最初から、ワクワク楽しい強固なチームワークが
築けていた訳では、ありません。

それどころか、開業当初はビクビク恐い、トップダウンのワンマン歯科医院でした。

そんな、全くリーダーシップがなかった私が、何故チームメンバーの前で
熱く夢を語るようになったのか、
私たちが目指す、理想の歯科医院像を明確にするようになったのか、
強固なチームワークを短期間で構築出来たのか、その秘密と過程を公開したいと
思います。

今日のテーマは、夢の実現と強固なチームワーク作りです。

①医院紹介
②強固なチームワーク作り
③チーム編成

などです。

参加する多くの人に、夢と希望、愛と感動を与えます。」

 

ということで、40分と短い時間でしたが、ワクワク楽しい職場作りについて
お話させて、頂きました。

 

そして、その日は週2日、木曜・土曜日勤務して頂いた、南 智香子先生最後の診療でした。

  

南先生は、私たちのグループ医院である、ゆめはんな歯科クリニック高の原所属の
ドクターですが、ヨリタ歯科クリニックにも、ここ2年、週2日勤務して頂き
ワクワク楽しい、夢あふれる医院作りのお手伝いをして頂きました。

本当に、心より感謝の気持ちでいっぱいです。

今後は、得意の口腔外科のスキルを伸ばすため、病院の口腔外科に勤務することに
なりました。

 

また、夜19時よりヨリタ歯科クリニック研修ルームにて、
上本町ヒルズ歯科クリニックの忘年会が、開催されました。

料理は、出張寿司職人の中村 創さん

創(はじめ)寿司さんの特長は(頂いた資料より)

『こだわり』
◆その日の朝に、市場で新鮮な鮮魚を仕入れます。
◆目の前で魚の皮をひき、ネタにしてから握ります。
◆1回で十二種類以上握りますが、残ったネタは全て食べ放題となっております。
◆握り体験もさせていただけます。
◆事前準備も、後片付けも全ておこないます。

 

忘年会の始まる約2時間前に、出前寿司の創(はじめ)さんの中村 創さんが医院に到着。
早速、ヨリタ亭の厨房を使い、準備が始まりました。

すでに12時間前より、仕込みははじまっているので、ご覧の通りです。

  

  

 

何でも今日の、午前3時から大阪の市場3件を回り、天然ものだけを自分の目で確認し
仕入れて来ています。

天候の悪い日などもあると思いますので、これを続けるのは大変なこと。
創さんのこだわりが、ヒシヒシと伝わって来ました。

各人のテーブルは、こんな感じ。

   

前菜として、毛ガニやブリ大根が用意されています。

その間、創さんは寿司を直に握っていきます。

 

  

寿司ネタは、全部で15貫。
それが次々と、配分されてきます。
全てが朝獲れなので、新鮮です。

  

  

私も握るふりをして、写真を撮って頂きました。

  

笑顔が、ステキですね。

そして、イクラとウニ丼。
カニ汁も、ありました。

  

そして、残りのネタも全て使い切り。
そう、食べ放題のフリータイムです。

  

もちろんシャリやガリも、絶品です。

 

もちろん、ただ食べてるだけでなく、ヒルズなので、たくさんのイベントや
表彰も、ありました。

  

  

 

室内も、この1年のメンバーの輝いている写真が、たくさん飾られていました。

  

 

最後は、参加者全員の集合写真を撮って終了。

 

是非またヨリタ歯科クリニックでも実現したい、出張寿司イベントでした。

ということで、本日も充実した1日となりました。

 

<今日も、たくさんの感動体験をした  寄田 幸司>

関連記事

[’18/9/19] 衛生士学校実習生 研修レポート

[’18/9/12] インターン生 感想文

[’18/9/10] 医院清掃

新着記事

[’18/9/20] カムカムニュースVol.67

矯正セミナー参加

[’18/9/19] 衛生士学校実習生 研修レポート

Concept