院長ブログ

[17’/10/16] 月間目標採点表

本日、私の元に2ヶ月に1度記入する、月間採点表が届きました。

 

  

 

これを見ながら、各役職ごとに個別面談を行っていきます。

ということで、その採点表より、今回は「あなたのパフォーマンスを
最高に発揮する改善点・問題点」について、その一部を紹介します。

ご興味のあるあなたは、是非お読み下さいね

■患者様の求められていることに少しでも近づきたい、喜んでもらいたい、
そうなってほしい、という想いが私は強いので、患者様も喜んで頂ける場面が
多い。これからも、患者様のために、を大事にしたいです。

■自分自身だけでなく、後輩衛生士の事も意識して、周りのスタッフみんなが
気持ち良く協力しあって、仕事が出来る様に、注意を配る。

■最近メインテナンスの患者様の予約が多いので、初期治療でのSRPを行う機会が
ほとんどないので、また、初診の患者様も空いている時は、積極的に診せてもらえる
ように、声掛けしていきたいです。

■患者様と楽しい会話だけでなく、お薬や、身体の状態を把握するよう心掛ける。
SRPの基本である、シャープニング、テスティングをしっかり行う。

■カルテチェックを前日までに行い、自分のアポイントを把握するようにします。
カルテの入力や、患者さんについて分からない事があれば、前もってドクターや
先輩に確認し、当日焦る事がないようにします。

■今のままで、満足しない。常に向上心を持って上を見て、こうなりたいと
目標を、持つようにする。

■自分自身が年内に出来ることを明確にし、後輩健プロの打診し、長所が伸ばせるように
指導していく。そうすることで、健プロのレベルを上げる。

■最近はキッズルームに入ることも多く、スタッフのお子様の成長を一番近くで感じられて
います。一人一人できる事も増えてきているので、成長に合わせた設定保育や、指導が
出来たら良いなと、思います。設定保育は、準備などがありますが、時間を有効的に
使っていきたいと、思います。

■もう一度初心に戻って、今まで教えていただいた事を思い出しながら、反省し
先輩の対応の仕方を見ながら、私も臨機応変に対応できるように、努力していきたいと
思います。

■だんだんと、健プロをする時間が少なくなってきていて、知らない事などが出て
くるかもしれないので、皆とコミュニケーションを取りながら、健プロとしても
保育士としても、頑張っていきたい。

■自分に代わる幹部候補を育て、新しい時代にする。
そのため、他の役職幹部にも意見を聞きながら、来年4月交代をめどに、決めていきたいと
思います。

■視野が狭く、待合での患者様の様子を把握しきれていない点
→手元の仕事に集中しているときでも、定期的に顔を上げ、待合を見渡す。

■人前で話す事が苦手で、アワクレドなど考えていたことを話すことは、出来る様に
なってきましたが、発表の場などでは、自分の意見を言えないので、日頃から
自分の意見を持つように、心掛けたいです。

■デザインを依頼され、集中する時間はあるのですが、1日の内、やはりいきなり急な
依頼が来た時に、組んでいたスケジュールを、新たに組み直さないといけないのが
まだまだ、慣れていません。今後、見直しが必要かなと考えております。
改善点は、優先順位をうまく見極めることだと、思っております。

■仕事の目的を、しっかりと整理したいと思います。
目的をしっかり定めたうえで、自分の軸を持ち、それぞれの仕事(タスク)に集中力を
もって、挑んでいきたいと思います。

<毎月自分の行動を、振り返ることが大切  寄田幸司>

関連記事

[’17/11/17] 香川県農業協同組合様 視察

[’17/11/17] 「日本でいちばん大切にしたい会社」サーベイ編

[’17/11/16] 松下資料館

新着記事

[’17/11/17] 香川県農業協同組合様 視察

免許の更新

[’17/11/17] 「日本でいちばん大切にしたい会社」サーベイ編

Concept