カムカムニュース

[’18/5/25] カムカムニュースVol.63

定期的にお子様の歯に関する豆知識や、院内の出来事
発信するカムカムニュース。

今月のカムカムニュースVol.63を、紹介します。

ご興味のあるあなたは、是非ご覧下さいね。

◇母の日フェスタ◇

今月は久しぶりに、保育士チームカムカムニュース
担当させていただきます!!

5/11.12にキッズルームで、母の日フェスタを開催しました。
今年もたくさんのお友だちが参加してくれ、
みんなそれぞれ親御さんのことを考えて、それぞれの製作ができましたよ。
親御さんも喜んで下さって、私たちも嬉しくなりました。

これからも、親御さんにありがとうの気持ちを伝えて下さいね。

※お写真の掲載は、お母様方に許可を頂いております。

 

◇キッズルーム便り◇

キッズルームでは、スタッフのお子さまもお預かりしていますが、
その子ども達の様子も、少し載せてみたいと思います。

毎日おさんぽに行ったり、製作をしたり、楽しく過ごしながら
ママたちのお迎えを、待っています。

 

◇歯の予防①◇

むし歯の原因には、

① 細菌(ミュータンス菌)
② 糖分
③ 歯の質

の、三つの要素があります。

この三つの要素が重なったとき、時間の経過とともに、むし歯が発生します。

ミュータンス菌は、食べ物や飲み物に含まれる糖分を栄養にして増殖
その際、歯の周囲にネバネバのグルカンという、ノリのような物質
作り出します。

このネバネバ物質により、菌は歯に強力に付着して、
そこでたくさんの細菌の集合体が、形成されます。
これが増えて、歯の表面にこびりついた汚れが、歯垢になります。

また、ミュータンス菌は、同時にも作り出します。
すると、歯垢の中は酸性になり、接触している歯の表面から、歯の成分である
カルシウムやリンが、溶け出してしまいます。

少しずつでも、このように歯が溶ける状態が続くと、ついには穴が空いてしまい
いわゆる、むし歯ができてしまいます。

ミュータンス菌は、ほとんどの人の口の中にいる細菌ですが、口の中で
増やさないようにすること

すなわち、正しい歯磨きで、
ミュータンス菌のエサとなる糖分を、きちんと落とすことがポイントです。

(ぱど 大阪東版 2018年2月23日号
『ワクワク楽しい予防歯科ってなあに vol.151』
 より抜粋)

 

これからも、カムカムニュースを通じ、
子供たちの歯を守る情報発信を、していきます。

過去のカムカムニュースは、コチラ

 

<カムカムクラブは、子どもたちの笑顔でいっぱい 寄田幸司>

関連記事

[’18/5/25] カムカムニュースVol.63

[’18/2/17] カムカムニュースVol.62

[’17/9/21] カムカムニュースVol.61

新着記事

よく噛んで認知予防

[’18/6/18] 恵徳幼稚園 健診

岡山大学での講演を終えて

Concept