カムカムニュース

[’18/2/17] カムカムニュースVol.62

定期的にお子様の歯に関する豆知識や、院内の出来事
発信するカムカムニュース。

今月のカムカムニュースVol.62を、紹介します。

ご興味のあるあなたは、是非ご覧下さいね。

◇歯の生え変わり◇

『歯は、いつごろ生え変わる?』

6歳のお誕生日を迎えるころに、最初の乳歯がぐらつき始めるというのが
平均的なタイミングです。
生後6~9か月で生え始めた乳歯は、2歳半~3歳半前後を迎えるころを
目安に、20本が生え揃います。

その後、12歳~14歳頃までに、乳歯は順番に永久歯へと生え変わって
いきます。永久歯は、親知らずを除いて28本あるので、乳歯よりも歯の
数は多いということになります。
顎も成長して大きくなるので、おとなの顎のサイズに合わせて、歯の数も
増えるのです。

ここで気になるのが、永久歯のサイズと、顎の大きさとのバランスです。
顎に十分なスペースが確保されているケースでは、生え変わりがすすんでも
永久歯がガタガタに生えたりする心配は、ありません。
顎のサイズが適切であれば、本来歯並びが悪くなるようなことは、少ない
のです。

生え変わりが始まり、顎の大きさと、歯の大きさとのアンバランスが出ている
お子様には、マウスピースによる矯正をおすすめしていますので、詳しいお話を
お聞きになりたい方は、お気軽にお声がけ下さいね。

 

『生えたばかりの歯は、弱い!?』

乳歯でも永久歯でも、生えたばかりの歯は、非常にもろいということを
ご存知ですか?

歯の表面にあるエナメル質は、歯が生えてから2~3年をかけてミネラル
成分や、フッ化物を取り込みながら、歯質が強化されていきます。

そのため、生えたばかりの歯の表面は未成熟な状態で、非常にむし歯に
なりやすい時期といえます。

ていねいな歯磨きと、フッ素塗布、そして定期的な検診が、むし歯予防
つながります。

さらに、ご興味のあるあなたは、コチラをクリックして下さい。
(クリックすると、拡大します)

    

これからも、カムカムニュースを通じ、
子供たちの歯を守る情報発信を、していきます。

過去のカムカムニュースは、コチラ

 

<カムカムクラブは、子どもたちの笑顔でいっぱい 寄田幸司>

関連記事

[’18/10/16] カムカムニュースVol.68

[’18/9/20] カムカムニュースVol.67

[’18/8/8] カムカムニュースVol.66

新着記事

NO IMAGE

風疹

[’18/10/18] あなたが光輝く衛生士になるために

歯肉退縮

Concept