ワクワク楽しい経営日記

vol.240  2016 ワクワク楽しい経営日記パート13 「笑顔とありがとうがあふれる、日本一の歯科医院作り」 その13 ~院外セミナー参加② スーパースタッフ育成塾~

昨年9月から常勤経営サポーターとして、勤務している髙橋さん

歯科業界に初めてということもあり、歯科医院経営セミナーに参加して頂いております。
その名もズバリ、「
スーパースタッフ育成塾」です。
3回コースのため、
毎回研修報告書の提出と課題が出ます。

まずは、報告書。頼もしい言葉で、いっぱいでした。
そして、課題は「院長面談

その目的は、(頂いた資料より)
ほとんどの中堅スタッフは、スタッフの気持ちは分かっても院長の気持ち
立場が違うので、分かっていないことがほとんどです。

院長とスタッフの橋渡し役を担う、スーパースタッフへと成長していくためには
院長の気持ちも、理解できることが重要です。

ですので、今回、スーパースタッフ育成塾に参加されているスタッフが院長の気持ちを
理解するための「
院長面談」をする時間を診療後に1時間以上、することが議題。
そして、
私への質問

・どうして、院長は自分がリストアップした嫌な行動をしてしますのか?
・どういう
気持ち、思い、感情が裏にはあるのか?
イライラするのは、どういうことか?
どういう治療をしたいと、思っているのか?
・スタッフに、
どういう行動してほしいと思っているのか?
・スタッフに、
どういう行動してほしくないと思っているのか?
・どういう医院に、していきたいのか?今は、どのくらいかけ離れているのか?
 →
借金に対してのプレッシャーとは、どういうものか?
・どうして借金までして、やろうと思うのか?

その他の、課題もあります。

1、読書感想文
  
リーダーとしての考え方やり方を学ぶための本を、3冊以上
  読んで
読書感想文を、提出。

2、スタッフ面談実践シート
 
最低1人新人後輩できれば5分間トークを行っている相手)に面談
  実施して、レポートを提出(
新人も後輩もいない場合には、練習として

3、院長へのプラスメッセージシート
  毎日、院長先生に
プラスメッセージを伝えていく。その結果をレポート提出。
  ※「俺、プラスメッセージもらってないけど?」と、言わないようにお願いします。
  ※院長先生がはつきりと認識できるほどのプラスメッセージをスタッフが
    伝えるのは非常に難しいことをご理解ください。

4、数値報告実践シート
  毎日、終礼の場合は1日の数値、朝礼の場合は、前日の数値をスタッフに報告し、
  数値の意味づけを行い、なぜ、その
数値が重要なのかを仕事観に基づいて話をする。
  必ず、
報告するべき数値は以下のようになります。

  患者数、治療人数、リコール人数、急患人数、TELキャン人数、無断キャン
  人数、新患数、再初診数。

5、医院環境整備実践日誌(前回から引き続き)
  普段、
誰がやるって決まってるわけでもないんだけど、やったほうが良いこと
  毎日、実践し、1つずつに○×をつけて、
気づきを書いていく日誌を書きます。

これら全てに、本気で取り組むことで、
真の経営サポーター、そう、スーパースタッフに短期間でなれることでしょう。

3回コースで、その都度課題がたくさんくれる、このセミナー
やるからには、とことんやる、
髙橋さんにぴったりだと実感しています。

今回の学び

笑顔とありがとうがあふれる日本一の歯科医院には、
院長の片腕になる、スーパースタッフがいる。

 

関連記事

vol.252  2017 ワクワク楽しい経営日記パート1 「笑顔とありがとうがあふれる、日本一の歯科医院作り」 その25 ~新人研修レポート その2 新人戦力化プログラム~

vol.251  2016 ワクワク楽しい経営日記パート24 「笑顔とありがとうがあふれる、日本一の歯科医院作り」 その24 新人研修レポート その1 USJ宣言

vol.250  2016 ワクワク楽しい経営日記パート23 「笑顔とありがとうがあふれる、日本一の歯科医院作り」 その23 ~月間行動目標採点表~

新着記事

矯正セミナー参加

[’18/9/19] 衛生士学校実習生 研修レポート

米田_プロフィール

西郷どん

Concept